婚活を始める前に行うといい事前準備5つのポイント

婚活を始めるとき、とりあえず結婚相談所や

婚活サイト、婚活アプリ、婚活イベントなどに

参加する方が多いかと思いますが、

実は、それだけでは不十分です。

1年以内に成婚を目指すのであれば、

絶対にやっていただきたい事前準備があります。

1.婚活期間を決める

「結婚したい」と結婚相談所や婚活サイトに登録して安心してはいませんか。

婚活も就活と同じで、だらだら活動するのは効率が悪く、積極性にも欠けます。

明確に「3か月間」「半年」「1年」と結婚するまでの期間を決めてしまいましょう。

成婚に至るまでの確率は

・12か月以内 約80%

・6か月以内 約42%

平均的な成婚期間は婚活を開始してから9か月となっています。

これはあくまでも平均値なので、

ご自身のご状況や精神的なゆとりを考えて、

婚活期間を決めていく必要があります。

2.理想とする結婚相手の条件を整理する

あなたは具体的にどんな結婚相手と結婚したいのか、把握していますか。

漠然と「結婚したいなぁ」と思っているだけでは、理想としている相手には出会えません。

お付き合いするだけならば、「好きな人」だけで十分なのですが、結婚相手だとそうはいきません。

改めて、自分が結婚相手に求める条件を整理してみましょう。

価値観が合う、顔が好みのタイプ、性格というように、口に出しやすいことから

仕事や年収、家族構成や結婚観など婚活ならではの条件も含めて具体的に考えましょう。

条件をすべて出し切ったあと、絶対に譲りたくない条件と、

そこまで重要視しなくてもいいかなと思う条件とに分けるとより、具体化されていきます。

3.自分を磨く

「今の自分のままでも、すぐに理想の結婚相手に出会えるわ!」と思って婚活する方はほとんどいないですよね。

自分に自信があっても、「今の自分が一番!」だと思う方はなかなかいませんよね。

しかし、婚活の場においては今の自分に自信をもって活動することが必要です。

なぜなら、自分に自信がない人はネガティブな傾向にあり、

婚活でうまくいかないことがあると、すぐに落ち込んでしまうのです。

メンタルを強くすることと、魅力的な自分になるための自分磨きをします。

ダイエットや運動、ファッションセンスや身だしなみ、ヘアケアなど自分磨きは1日にしてならず、です。

自信をつけるためにも、しっかりと対策をしましょう。

4.基本的な家事をする

ひとり暮らしや実家暮らしであれば、手抜き火事でもよいのですが、

結婚生活が始まれば、毎日手抜きというわけにはいきません。

最近では、男性でも料理が上手な人もいるし、

女性も社会に出ていることが多いので分担すればよいのでは?

と思われるかもしれませんが、ここに気になるデータがあります。

社会人男性に聞いた、あなたは洗濯が苦手な女子は結婚対象になりますか?

(マイナビウーマン調べ)

・なる 51.5%

・ならない 48.5%

約半数の男性が、洗濯が苦手な女性を結婚対象外とみているのです!

やはり、結婚するのであれば、基本的な家事はで聞いたほうが良いです。

・片付け

・アイロンがけ

・収納

・料理

・洗濯

など、苦手であれば婚活前から練習しておくと良いですよ。

これは、女性だけでなく、男性にも言えることです。

結婚は二人の家庭を築くこと。家事は女性がメインでやるもので、

たまに手伝えば「いい旦那」になれると思っている男性は考えを改めてください。

「手伝う」なんて姿勢に問題があります。

5.自分を分析する

今まで結婚について深く考えていなかった方も、

婚活を始めると「自分にはどんな人が合うのだろうか?」と真剣に考えるようになります。

現時点で好きな相手がいない場合は、

意外と自分のタイプがわからないものです。

自分の好きなタイプを知るには、まず自分を知ること。

方法は以下の2つです。

①自分の長所と短所を考える

自分としっかり向き合ったり、わからない場合は

友人など第三者に聞いてみるのもよいですね。

また、心理テストやエニアグラムで細かく診断するのもおすすめです。

これらで分かったマイナスの面は変えていくよう努力して、

プラスの面はより伸ばして婚活のアピールポイントにします。

②過去の恋愛を思い出す

性格だけでなく、結婚には過去の男女関係も自分を知るカギとなります。

昔の恋人との別れの原因やケンカの原因、公開していることなどを思い出し、

うまく付き合っていくにはどうすればよいかを自分なりにシミュレーションします。

自分はこういう性格で、こういう人を好きになり、こんなことでもめてしまう

と一通り自己分析ができたら、そんな自分に合うのはどんな相手かを考えます。

なんとなくタイプを考えるよりも、自己分析をしたうえでタイプを考えたほうが婚活しやすくなりますよ。

2018年12月11日

(前の記事)