【奢りOR割り勘】婚活デートにおける食事代支払いのルールとは?

婚活で知り合った異性と初デートでお食事をした際に、支払いをどうするのが正解なのか、皆さんご存知ですか?

人それぞれ価値観は違うので、絶対的な正解は無いかもしれませんが、本日は、食事代の支払いに関して出来るだけスマートな対応法について書きたいと思います。

食事代の基本的なルールは割り勘!

最近は、昔のように「デート代は男性が全て負担する」というカップルは少なくなってきましたが、婚活における初デートは、「仮交際」をスタートし、お相手の事を知りながら「真剣交際」に向けて、恋愛感情を育んでいくための最初のステップです。

まず、基本的なルールは「割り勘」なので、女性側も「自分の分は支払う」という意思表示を行いましょう。

仮交際中の初デートは「デート」という名目ながら、実際にお相手の本質を知る為にの面談のような要素がある為、女性側も「自分のことは自分で」というスタンスで接しないと、主体性が無い「依存体質」と疑われてしまう恐れが有ります。

男性側は、基本的にはマナーとして「男性が支払うべき」と考えている方も多いと思いますが、「自立した女性を尊重し、対等な立場で交際したい」という考えの方にとっては、お相手の考え方を知る良い機会ですからね。

それでも男性が奢る姿勢を崩さない場合は?

男性の中には、社交辞令で「おごるよ」と言って相手の反応を確認する人も居ますが、先輩や上司、家族から「女性との食事では奢るのがマナー」と永年教育された結果、絶対に女性には払わせない主義の人も居ます。

また、「日本結婚相談所連盟」では、

・お見合い時の「お茶代」については、男性が支払うのが「ルール&マナー」

・デート代はなるべく男性負担で

と「お見合いルール&マナー集」に規定していますので、結婚相談所で婚活中の男性は、基本的に食事代は男性が支払うべきと考えています。

なので婚活デートの際は、「おごりますよ」と言われても、一度は拒否をして割り勘を提案し、男性が引き下がったら社交辞令だったと判断して、スマートに自分の分を支払う、しかし、一度断っても、おごる姿勢を崩さなければ素直にお言葉に甘えるのが正解でしょう。

おごって貰ったら感謝の気持ちを示す

男性がおごる意思を示しているのに、意地を張って割り勘を強調するのは、相手男性のメンツをつぶすことになるので、印象はよくありません。

素直に自分のお財布をしまい、代わりにしっかりと感謝の言葉を相手に伝える事で、好印象を与えるのが婚活デートにおける女性側のマナーなので、覚えておいてくださいね。

 

2018年12月20日

(前の記事)
(次の記事)