【婚活パーティ、婚活アプリ】婚活の現場に「いい人が居ない」と感じてる方へ

好きな人と出会って結婚し、素敵な家庭を築きたい・・・そう思う心は、今も昔も、男性にも女性にもある、普遍的な願いです。

現代社会では、結婚相手は自由に選ぶことができます。そして、インターネットを通じて距離が離れていても気軽にコミュニケーションが出来たり、出会いのチャンスは圧倒的に広がっている状況。

それなのに、何故か実際に婚活を行っているひとの多くは、婚活の現場には「いい人が居ない」と感じているそうです。

婚活中の若者たちが「いい人が居ない」と感じる理由!

「婚活パーティ」に参加したり、「ネット婚活」を頑張っているひとが、なかなか意中のお相手と出会う事が出来なかった事で、「婚活疲れ」に陥ってしまい、その結果、新しい恋愛に対しておっくうになってしまう原因を調べてみました。

婚活中のひとは、どんな時に「いい人が居ない」と感じているのか?

  1. 高額な会費を支払って「合コン」や「婚活パーティ」に通っても、なかなかいい人に出会えない。 → 費用対効果が薄い
  2. 友人や同僚に紹介をお願いしたけど、お相手は好みのタイプでなかった。 → 効率が悪い
  3. 告白しても恋愛に発展しないので、そもそも自分は恋愛に向いてないと思う。 → 自己否定
  4. 連絡先を交換できても、気付いたら自然消滅している事が多い → 関係性を築けない

 

「効率的」で「モチベーション維持」が可能な婚活とは?

「婚活アプリ」の活用や「婚活パーティ」への参加が「効率が悪い」と感じた状態が続くと、モチベーションを維持しながら婚活を継続するのはなかなか難しいと思いますが、「いつか結婚したい」と考えている方は、絶対にそこで婚活を休止しないでください。

なぜなら、婚活の世界では年齢が上がる程、お相手の選択肢が狭くなっていくので、出来る限り早いタイミングに、短期間で効率よく活動した方が絶対に有利だからです。

という事で、これまでの婚活がうまくいってないと感じている方に是非お薦めしたいのが、プロの仲人カウンセラーが二人三脚状態でサポートしてくれる「結婚相談所」の活用です。

因みに下記の項目は、全国で6万人以上の本気で結婚したい会員だけが活動をおこなっている「日本結婚相談所連盟」における、仲人カウンセラーのサポート内容の一部ですが、皆様どんな印象を受けましたか?

  • 閲覧した方に好印象を与えるプロフィールの代理作成(※カウンセラーのコメント付き)
  • お見合い申込の取り次ぎ(※希望条件から外れたお見合い申込は、カウンセラーが代理でお断り)
  • お見合いマナーに関する事前レクチャー、お見合い時の服装に関するアドバイス
  • 希望条件に近いお相手の定期的なご紹介(※オプションの場合あり)
  • 面談や電話、メール等による定期的なカウンセリング実施

二人きりで会う迄のハードルが圧倒的に低い理由!

また、「日本結婚相談所連盟」における婚活では、「二人きりで会う迄のハードルが圧倒的に低い」のも特徴です。

しかも、お見合いで会った際に、恋愛感情までは至らなくても、「お相手の事をもっと知りたい」とお互いが感じた場合は、多くの場合、そのまま「交際」に発展しています。

これは、「複数交際OK」の「厳格な交際ルール」を全ての加盟相談所が守っているからこそ可能なルールで、「日本結婚相談所連盟」が抜群の成婚率を誇っている大きな要因となっています。

結婚相談所では、「無料カウンセリング」を実施しているところも多いので、「なかなかいい人と出会えない」と感じている方は、一度交際システムの確認も兼ねて、利用してみてはいかがでしょうか?

2018年9月6日

(前の記事)
(次の記事)