【30代女性との初デート】お見合い相手が興味を持つ共通の話題とは?

結婚相談所の無料カウンセリングにいらっしゃった男性から、「お見合いの際に毎回緊張してしまう」、「女性とうまく会話を弾ませることに自信が持てない」という相談を受けることが有ります。

婚活では、お見合いやデートの際にお相手との会話が弾むと、その後、交際に発展する可能性が高くなりますので、普段から会話に困らないための、準備をしておきましょう!

婚活で女性が興味を持ってくれる会話とは?

初対面の女性との会話に慣れていない男性でも、次の話題を探して緊張したり、会話が途切れてアタフタしないためにまず押さえておくべきポイントがあります。

それは、共通の話題を探すということです。

では、お見合いやデート当日でも困らない、話題の切り口をご紹介しましょう。

その1.趣味や出身地、年齢が近い、または共通の知り合いが居る

初対面や初デートに近い状況で、趣味や出身地、年齢が近い、または共通の知り合いが居るなどの場合、会話の入り口としては最適です。

同じ趣味がなかったとしても大丈夫。そんなときは相手が好きなものに興味を持ってみましょう。相手にどんなところが好きなのか?を語ってもらい聞き役に徹するのが効果的です。

その2.デート中の食事に関する話題を探す

「日本結婚相談所連盟」では、お見合いで最初に出会ってから真剣交際に発展するまでの期間は、デートは2時間程度の食事(又はお茶)のみとし、会話を楽しみながら警戒心を解消することを推奨しています。

デートの際に、会話の中で相手の好きなジャンル、例えば和食がいいのか、イタリアンが好きなのかをリサーチしておき、次のデートでは、そのジャンルで良い感じのお店をピックアップし、スマートにメニューを注文すると、会話が弾んで好印象になるでしょう。

目の前の料理についての感想を言い合ったり、お酒が好きなのか?スイーツが好きなのか?など。

また、夫婦の食事に関する価値観や相性が良いと、結婚生活も一層楽しくなるので、交際中にお相手について深く知っておいて損はない項目だと思います。

その3.学生時代の話題

学生時代というのは、一般的な社会生活を送っているひとなら、誰もが通ってきた時代です。

そして、毎日学校に通って、勉強し、友人と過ごすという生活パターンは、さほど違いは無いでしょう。

また、「学生時代はどんな子供だったの?」「楽しかった思い出は?」「好きな子はいた?」など、比較的、話題を探しやすいと思います。

現在の職業に関する質問などは、率直すぎる印象を与えてしまったり、過去の恋人の話題は生々しく感じて嫌がるひともいますが、

学生時代のことは苦い思い出でも過去の話になっている場合が多いので、大抵の人が笑って話せて、盛り上がる可能性は高いでしょう。

30代女性が興味を持つ共通の話題の探し方まとめ

さて、ここまで女性との会話に困らない、女性が興味を持つ共通の話題の探し方について書いていきましたが、話題のポイントは「共感」と「同調」です。

女性は共感する力がとても優れています。自分が美味しいと思ったり楽しいと思う事を、相手も同じように思っている、とわかると、相手のことを好意的に思うようになります。

また、ゆったりとした食事デートでは、男性側の「意見」は求めていません。「このお料理おいしいです」などと女性が喜んでいたら、「そうですね^^」と同調しましょう。

同調した言葉を発することで、共感してもらえた、と心に残るのです。

出会って間もないころのデートでは、相手の素性や自分の条件に見合うのか?と、焦って質問攻めにしてしまいがちです。

しかし、まだ心を開いていない相手から、職業や家族、結婚観のことを率直に聞かれると、面接されているような気分になり、印象は余りよくありません。

上記のような共通の話題は、コミュニケーションにワンクッション置くことができます。相手にも好印象になり、一緒に楽しめることでお互いにメリットになり、恋人関係への発展に大きく貢献すると思います。

 

 

2018年9月18日

(前の記事)
(次の記事)