【男性必見】2回目のデートで失敗しないように!婚活で気をつける4つのポイント

婚活において初デートはもちろん、

2回目のデートも同じように大切になります。

特に2回目のデートはお付き合いにつながるかどうかを

左右する大切なポイントがあります。

今回は2回目のデートで見落としがちな4つのポイントについてお伝えします。

 

1.普段通りの自分を見せること

初デートでは相手に気を使って本当の自分が出し切れないこともありと思います。

しかし、2回目のデートでは素直に自分をさらけ出してしまうのが良いです。

 

2回目のデートはお互いに「いいな」もしくは

「悪くない」という判断をしてデートにつながっているため、

例えば10回目のデートで突然「実は…」と言われても

お相手は正直戸惑ってしまうわけです。

 

結婚してからギャップに驚いてしまうようなデートプランなどはやめて、

隠し事をせず、ありのままの自分で挑むことをおすすめします。

 

 

2.気をゆるめないこと

2回目のデートでいくら素の自分を見せるとはいえ、

服装などで気をゆるめないことが必要です。

最低でも付き合って数か月経つまでは、

身だしなみのゆるみは改めましょう。

しっかりとした身だしなみでデートに挑めば、

お相手にそれだけ自分のことを考えてくれていると

好印象を与えることになりますよ^^

 

 

3.しっかりとリードする

婚活デート2回目で注意してほしいことは、

レストランなど相手の希望を尊重したうえで

しっかりリードしてほしい、ということです。

 

結婚するうえで、相手のことを思いやることができたり

頼れる相手だということはとても重要なポイントになります。

しっかりとした中身のある結婚生活をイメージしやすくするためにも、

2回目のデートは男性主体でリードしていただきたいものです。

 

 

4.フランクになりすぎない

2回目はお互いに少し気がゆるむと思いますが、

失礼な質問をするなど、あまりにも遠慮せずに

いろいろ聞くようなことをしないよう心掛けたいものです。

 

いきなりお相手を呼び捨てにしたり、ちゃん付けしたりなど

フランクになりすぎるとひいてしまう女性も多くいます。

 

 

いかがでしたでしょうか。

婚活において、2回目のデートは意外にもハードルが高いものです。

大事な4つのポイント

1.普段通りの自分を見せること

2.気をゆるめないこと

3.しっかりリードする

4.フランクになりすぎない

 

少しだけ普段の自分を見せて、女性に自分のことを知ってもらう。

とはいえ、まだ2回目。

失礼な質問や変になれなれしい態度は禁物です。

身だしなみや服装にも気を付けて、初デートの会話を広げていく。

 

 

 

 

2回目のデートでも好印象を与えれば、3回目、4回目と

交際が続いていくことは間違いありません。

今まで3回目に続かなかったことがある方は、

ぜひ自分の行動を振り返ってみて、思い当たる点があれば

見直してみてくださいね。

 

2019年1月14日

(前の記事)
(次の記事)