お見合い メリット・デメリット

世の中には出会いを求めるための婚活ツールがいろいろとありますよね。

 

もしあなたがいろいろな婚活パーティーや合コンに参加しているのに、なかなか良い相手に出会えないと悩んでいるのであれば、一度「お見合い」してみることをお勧めします。

 

早く結婚相手に出会いたいのであればお見合いは最も確率が高いですし、結婚するにはお見合いが最も合理的で、最も効率の良い婚活ツールだと思うのです。

 

もちろん人によっては向き不向きがあるのですべての方にお見合いを勧めるわけではありません。

これからお見合いのメリットとデメリットをお話するので自分の婚活に対する考えと照らし合わせてみてください。そのうえで役立ちそうならあなたの婚活ツールに加えてみてください。

お見合いのメリット

安心して出会える

基本的に、「お見合い」は第三者が仲介することで成り立つシステムです。

 

ひと昔前のお見合いと言えば、世話焼きの親戚や近所の世話好きの人が独身者を見つけるとしきりに縁談を持ち込んだものです。

「この人は○○の出身で、お勤めは○○で、とってもいい人なのよ」なんて感じでした。

 

ですが、これも時代の流れでしょうか。今はそんなお見合いもめっきり少なくなりましたよね。

 

世の中、私たちのような結婚相談所が間に入る「お見合い」が多くなってきました。

そのほうがヘンなしがらみもなくていいのかもしれませんね。

 

いずれにしろ、共通するのは身元の確かな人同士を第三者が結びつけるので安心して出会えるということです。

 

結婚相談所を通した「お見合い」では、独身の証明や収入の証明、就業の証明、卒業の証明など、いくつかの機関によって身元が確認された人同士が引き合わされるので出会いの場としてこれ以上、安心な出会いはないと思います。

 

*男性と女性では、身元確認の条件が一部異なります。

 

結婚に意識の高い相手と出会える

婚活パーティーや合コンに比べると明らかですが、出会う相手は結婚に対して意識の高い人ばかりです。(そのためのお見合いですからね)

お見合いであれば、長く付き合ってきたのに結婚に対する温度の違いがあった、なんて事態を防ぐことができます。

 

お互いの希望条件が合ったうえでお見合いするわけですし、結婚という目的が一致しているので気持ちが合えば一気に話が進んでいきます。

 

自分の希望する相手のみ出会える

お相手の出身地や学歴、職業に収入、趣味、家族構成など、前もって知ることができるので自分の希望する相手とだけ出会うことができます。

 

ですので、結婚相手に求めるものがはっきりしている人はお見合いが向いています。

 

離婚の可能性が低い

一般的にお見合い結婚の離婚率は低いと言われていますが、弊社の実績からもお見合い結婚は離婚の可能性が低いと言えそうです。

 

というのも、お相手の収入や実家の家族構成などの基本データや結婚にいたる背景を確認してお見合いし、それから結婚に踏み切るので、夫婦間のトラブルにありがちな「結婚してから初めて知った」とか、「そんな話、聞いていない」という情報が少ないからです。

 

率直に申し上げると、お互いにへんな隠し事ナシで結婚するので長く付き合っていけるのではないかなと思います。

 

お見合いのデメリット

プロフィールで決まってしまう

お見合いの成立は良くも悪くもプロフィールしだい。

 

・実際に会ってみると写真よりもずっと素敵な人だった。

・実際に話してみると波長が合ってすごく話が盛り上がった。

・実際にいっしょにいると気配りが細やかでとても良い人だった。

 

これらは、婚活者からよく聞く「お見合いあるある」なのですが、プロフィールだけでは伝わらない魅力って本当に多くあります。そういう人を見ると本当にもったいないと思うのです。

 

人の魅力って、その人の仕草や雰囲気から出てくることも多いですからね。文字情報や静止画だけでは伝えきれないでしょう。

ですのでプロフィールだけでお見合い相手が決まってしまうというが最大のデメリットかもしれません。

 

お相手を紹介しづらい

「こんな素敵な人、どこで知り合ったの?」

お相手を紹介するとき、こんなふうに馴れ初めを聞かれることがありますよね。

 

今では「婚活」という言葉もすっかり社会に定着しましたし、確実で安全な出会いという意味からも、胸を張ってお見合いで知り合ったと言ってほしいのですが…

やはりお見合いすることや、お見合いで相手と知り合うということを恥ずかしいと思う方もいらっしゃるようです。

 

「こんな素敵な人とどこで知り合ったの?」

「ありがとう。ちょっと紹介でね」

これぐらいにサラリとかわしてしまえばいいかもしれませんね。

 

紹介者によっては断りづらい

仲の良い友人や会社関係の人からの紹介は、お見合いした後で相手を断りづらいかもしれません。

 

親しい人の紹介ほど断りにくい。これは世の常で、

せっかく「いい人よ」と紹介してくれたのに付き合わないと、その友人との仲までこじれてしまったり、わだかまりができたりするものです。会社関係では、その後の仕事に影響することだって大いにありますので。

 

友人知人の紹介には多くの良縁は潜んでいるものですが、紹介を受ける前に断りやすい空気を作っておいたほうがよいと思います。

 

だからこそ、割り切って断れる民間の結婚相談所が求められていると言えますが…

お気に召さない相手なら、余計な気も使わずにきっぱり断れますからね。

 

結論までの期間が短い

これをデメリットとするかは賛否が分かれるところですが、お見合い後の意思決定はすぐに行う必要があります。これはもちろん、お互いの時間をムダにしないためです。

交際を始めるか、結婚するか、次々と気持ちを固めていかなければいけません。

 

そもそもお見合いの目的は結婚することですからね。

そういう意味ではお見合いする前に結婚に対する自分の考えを整理しておいたほうがいいですし、お見合いを通して結婚を考える良いきっかけになることも多いようです。

 

結婚前にはじっくり恋愛したい、という方にはお見合いは向いていないかもしれませんね。

 

ではどんな人がお見合いに向いているのか?

早く結婚したい人

これはもちろんですね。

とくに結婚相談所を介したお見合いでは、お互いに料金を支払って出会いを求めるわけですし、お互いに結婚する意思も強くなります。

いわゆる自由な恋愛からのスピード婚もありますが、あとからお相手の学歴や収入を知ることで「こんなはずじゃなかった」となる可能性も…

ちょっと気をつけたいところです。

 

恋愛経験が少ない人

恋愛経験が少ない人こそ、お見合いは効率良く結婚するためのツールです。

 

ふつうに、恋愛ってものすごいエネルギーを使いますからね。恋愛は楽しいものではありますが、仕事しながらだと大変なのも事実です。

頑張って恋愛に踏み出したとしても、お互いの結婚に対する温度が違ったらものすごいダメージを受けます。

 

ですので恋愛経験が少なかったり、気軽に恋愛するのが苦手という方には、結婚を前提としたお付き合いが約束されているお見合いをお勧めします。

 

恋愛経験が豊富な人

えっ、と思われるかもしれませんが、恋愛経験が豊富すぎる人ほどお見合いがお勧めです。

 

恋愛経験が豊富。

裏を返せば多くの恋愛をしたのに結婚しなかった、もしくは結婚できなかった、です。

 

結婚願望があるのに結婚できないのであれば、今までの行動パターンや恋愛認識から外れてみる必要があるのではないでしょうか。

 

いつもと違う結果が欲しければ、いつもと違う行動をしなさい

 

これは自己啓発の分野で世界的に有名なアール・ナイチンゲールという人の言葉です。

なんとなくわかりますよね。

 

まとめ

いかがでしたか?

あなたがなかなか良い相手に出会えないと悩んでいるのであれば、「お見合い」も有力な選択肢になるのではないでしょうか。

 

もしまだあなたが「お見合い」の力を疑っていらっしゃるようでしたら、お気軽にご相談ください。

お見合いがあなたの婚活ツールになるかどうか、じっくりお話を伺いますので。

 

私のアドバイスであなたの人生がもっとよくなるのであれば、嬉しいですね。

2020年11月27日

(前の記事)