【奥手男子】女性と話すのが苦手な男性の恋愛テクニック

結婚相談所の「無料カウンセリング」にいらっしゃる男性の中には、「恋愛経験が少ない」「女性と話すのが苦手」など、恋愛には奥手という方が少なくありません。

恋愛においてモテる要素でもある、女性に対するさり気ないエスコートや、会話を盛り上げる事が苦手な為、コンプレックスに感じ自信を無くしてしまっているのです。

しかしながら、奥手でシャイな男性にもすぐに実践可能な「恋愛テクニック」は有りますので、本日はそのポイントをまとめてみました。

奥手な男性に実践して欲しい恋愛テクニック

1.清潔感を意識して外見を磨く

恋愛、就職、どんな場面であっても第一印象はとても重要です。いきなり「イケメン」の真似をする必要は有りませんが、先ずは服装や髪形などで「清潔感」に拘ってみましょう。

ファッションには自信がないという人も、まずは「清潔感」を意識して、身だしなみを整えることからスタートし、周囲の人にチェックして貰いながら、第一印象でマイナスにならないレベルに仕上げることが出来たら、お見合いや初デートに挑む際に、相当緊張が緩和されると思いますよ。

2.恋愛に奥手であることを早い段階で伝える

コミュニケーションにおける行き違いの大半は、勘違いから始まります。

実際には行き違いが発生しても、しっかり説明出来れば直ぐに解消は可能なのですが、

女性と接した経験が少ない方の場合は、どうして良いか分からずにあたふたした結果、相手の女性に「私と居ても楽しくないのかな」などと誤解されてしまう恐れが有ります。

そのような誤解を防ぐためにも、はじめの段階で「女性との話には慣れていない」などとカミングアウトしませんか?

正直に話すことで、誠実な印象を与えて、相手の女性もあなたの「個性」を考慮しながらお付き合いしてくれる可能性が高くなりますよ。

3.無理して話を盛り上げようとせず、相手の女性の話をしっかり聞く

自分が話を盛り上げることが苦手ならば、無理して話題を振ろうとせず、相手の女性の話をしっかりと聞きましょう。

婚活の初期段階で、沈黙が怖くなることはよくあります。しかし、そうした間合いも居心地がいいような関係が作れたら、この先の結婚生活も気兼ねなく楽しめると思いませんか?

焦らず、相手の女性が楽しく会話ができるように、まずは「聞き上手」を目指しましょう。

奥手な男性の脈ありサインの出し方

奥手な男性特有の失敗の中に、「好きだ」「交際したい」という気持ちをタイミング良く相手に伝えられなかった為に、相手の女性が待てずに去って行ってしまうケースがあります。

恋愛で傷つくのは誰もが辛いことですが、婚活では絶対に乗り越えなければならないハードルです。

相手の女性のことを、気に入っていて今後も関係性を発展させたいと思っているならば、最初のデートから自分の気持ちをしっかり開示させて、相手の女性に安心感を持って貰うことが必要です。

具体的には、「定期的(2日以上感覚を空けずに)にメールやLINE、電話で連絡をする」「デートでは意識して彼女を褒める」「座って話すときは相手の顔をしっかり見つめて、若干前のめりの姿勢を取る」「デートのお誘いを断られても速やかに次の提案をおこなう」、などの「脈ありサイン」を示す行動です。

そして、3回目のデートでは、男性から告白をおこなって、女性から受けて貰えたら、その後はゆっくりと恋愛を育んでいきましょう。

まとめ

「シャイで恋愛に奥手」という個性は、婚活においてネガティブなことのように思われがちです。

しかし自分では自信がない部分でも、上記のポイントを押さえることで、「等身大で誠実な男性」という印象を相手の女性に与えることが可能なのです。

シャイな男性の皆様が、奥手な部分を隠さずにふるまう事で、無理せず長く一緒に居られるお相手と巡り合うことが出来るよう、私達も応援しています。

2018年10月2日

(前の記事)
(次の記事)