「お見合い」で好印象をもたれる女性の条件とは?

お見合いには数々のマナーがあります。
全国仲人連合会では「お見合いの心得10か条」
として次のことを掲げています。

【お見合いの10のマナー】

1.男性はジャケット&ネクタイ、女性は清楚なファッションで
2.相手が想像以外のタイプであっても、30分以上は機嫌よく一緒にいましょう
3.「今日は楽しかった」と思ってもらえるように次回につなげる努力をしましょう
4.途中で携帯に出たりメールをしたりするのは相手に不快感を与えるのでNG
5.相手の話には相槌を。相手に話をさせるキッカケをつくってあげるつもりで
6.個人的な調査よりも、楽しい話題を提供しましょう
7.相手の「いいところ」探しを。会話中は「笑顔」と「ほめ言葉」を忘れずに
8.たとえ社会的地位が高くても、お見合いの席では偉そうにしゃべらないこと
9.お互いに気に入ったという意志が確認できれば、その後、食事に誘ってもOK
10.その場で電話番号を聞いたり名刺を渡したりするのはNG。ただし、気に入ったことの意思表示は積極的にしましょう

 

このマナーを念頭に入れて、
「お見合い」で好印象をもたれる女性の条件をお伝えいたします。

実はとっても簡単。
「聞き上手」
であること。
これだけです。

「盛り上がる話をしよう」とか、「上手にアピールしなくては!」
などと緊張する必要はありません。
お見合いの席では、相手に如何に気持ちよく話してもらえるかがポイント。

 

 

相手の話に適切な相槌を打ったり、楽しく聞いて
ほどよい質問をすれば大丈夫。
難しく考えることはなく、シンプルなことなんです。

ふんわり優しそうな雰囲気をもった、聞き上手。
そして、「ありがとう」がきちんと言える人。
こう聞くと、ハードル低く、自分にもできそうな気がしますよね。

2018年11月30日

(前の記事)
(次の記事)