幸せな結婚とは?成婚者から学ぶ「幸せになれる結婚相手」の見極め方

未婚女性の中には「結婚」に対して強いあこがれを持っている方も多いはず。

 

今回は「幸せな結婚」をする方法について、

結婚の先輩でもある成婚者から「結婚」について学び、

「幸せな結婚」をするための男性の見極め方などをお伝えいたします。

 

幸せな結婚をしたい女性はぜひ、チェックしてみてくださいね!

 

◆結婚して「幸せになれる女性」とは

 

結婚後に幸せな結婚であるかどうかを決めるのは、

お相手との相性や結婚生活の豊かさなど条件がいろいろありそうです。

まずは、結婚した女性が考える「幸せな結婚」と

それができる人、できない人の違いについて考えてみましょう。

 

既婚女性が実感している幸せな結婚、理想とする幸せな結婚とは

どんな生活ができることを言うのか、聞いてみました。

 

まず一番声が多かったのは「笑顔が絶えない家庭」であること。

大きな問題も起こらず、いつも家族全員が笑顔でいられること。

そんな家庭を築くことが幸せな結婚だと考える女性は多いです。

 

次に多かったのが、健康やお金の悩みがないこと

こうした不安が大きいと、いくら好きな人と暮らしていても幸せを感じられませんよね。

悩みなくいられることは一番の幸せにつながるのかもしれません。

 

そして、既婚女性が考える幸せな結婚とは、

夫の前で素のままの自分でいられる生活であることも重要です。

飾らない、そのままの自分を好きでいてくれて、お互いを尊重しあえること。

そんな関係でいられるのは素敵ですよね。

 

ごく普通のことが当たり前にできるような生活。

大きな悩みや問題を抱えることなく、毎日が平和に過ぎていく。

実はこんな生活が本当はありがたいことなのかもしれませんね。

 

◆結婚して「幸せになれる女性」と「幸せになれない女性」の違い

 

既婚女性に「結婚生活は幸せですか」と質問したとき、

90%以上は「幸せだ」と回答するのですが、1割弱の方はそうではないというデータもあります。

彼女たちの違いとは何なのでしょうか。

 

第一に、人と自分を比較するかどうかということが挙げられそうです。

周りの人と自分を比べて悲観的になりすぎてしまうと

目の前にある幸せに気付かないことも。

結婚しても幸せを感じられない女性は、人と自分を比べることで

自分から不幸を呼び寄せているよう。

悪いところばかりを見るのではなく、いいところを見つける努力も大切です。

 

次に、相手に求めすぎているかどうか

夫である男性に「あれして」「これして」と求めてばかりで、

それが叶わないと幸せだと思えない…。

こういう女性も結婚して幸せを感じることはできなさそうですよね。

夫婦に足りないものは夫婦で埋めていくという気持ちが必要です。

 

そして、自分勝手かどうか

自分さえ良ければいい、という気持ちを持っている女性は、

相手を思いやる気持ちが持てず、夫婦関係もうまくいきません。

長く一緒に暮らす夫婦だからこそ、お互いへの気遣いがないと幸せな家庭は築けません!

 

夫婦に限らず、相手への思いやりをなくしてしまったり、

自分の理想を押し付けるようなことをしていては、

一緒にいることが相手にとってストレスになってしまいそうですね。

幸せになるには人に求めるだけでなく、自分自身の気持ちも大事です。

 

◆幸せになれる結婚相手の見極め方

 

好きな人と結婚するだけでも幸せ♡

しかし、結婚相手を選ぶとき、条件を100%満たしている相手を見つけるのは難しいですよね。

「これがないと幸せいなれない!」と条件に優先順位をつけることをお勧めしています。

 

未婚女性が結婚相手の男性に「妥協できない」条件として

性格が67%、年収が14%、外見が9%弱というデータがあります。

たしかに性格の不一致というのは離婚の大きな原因にもなります。

最初から性格が合わない人を選ばないというのは、

離婚を避ける方法のひとつと言えます。

 

次に、既婚女性が結婚後「どうでもいい」と思うようになった条件とは何でしょうか。

3割以上の女性が、結婚してしまえば外見的なことはあまり気にならないと答えています。

結婚生活を送るうえでは、外見よりももっと大事なことがあるということですね。

 

最後に、既婚女性から学ぶ「幸せになれる結婚相手」を見極めるポイントをお伝えします。

 

第一に、自分を愛し続けてくれるかどうか

結婚生活が長くなっても愛情をなくさずにいてくれる。

これは簡単なようで結構難しいことです。

「愛し続けてくれる」相手を結婚相手に選ぶことが、

幸せになれるかどうかの重要なポイントになります。

 

次に、価値観が合うかどうか

結婚後は夫婦で決めていかないといけないことも増えていきます。

考え方の違いが大きすぎると、意見がまとまらず

ストレスがたまったり、ケンカになったり…。

価値観が同じ相手を結婚相手に選ぶことも大事なことです。

 

そして、結婚相手の実家を見て家族仲がいいか

自分もうまくやっていけるかどうかを確認することは大事です。

自分にとっても新しい家族になる義理の両親や兄弟姉妹がどんな人かは確認しておいた方がよいでしょう。

 

最後に、素のままでいられるかどうか

恋人同士として付き合っている間は見栄を張ったり、

素の分を隠したままでいると、結婚した後が大変です。

最初から無理をせず、自然体でいられる相手を選ぶことも幸せになるためには必要不可欠です。

 

「相手のことが好き!」という気持ちで盲目になるのではなく、

冷静になることも大切だということですね。

二人の相性だけでなく、家族も含めた相性がいいことは、

結婚生活を長く続けるためにも欠かせない要因です。

自分にとって幸せな結婚とは何なのか、そのためにはどんな相手を選べばいいのか

ぜひ一度しっかりと考えてみましょう!

悩んだときはいつでも無料相談をご活用くださいね!

2019年2月13日

(前の記事)
(次の記事)