初デートの食事は割り勘にすべき?スマートな対応とは

婚活で知り合った男性と初デートでお食事をしたとき、

支払いをどうするか考えたことはありますか?

 

「女性はおごってもらって当然!」

 

なんて思っていませんよね?

だからといって、絶対に割り勘しなければいけない

というわけでもありません。

割り勘にすべきか、お言葉に甘えて

おごってもらうかはケースバイケース。

今回は初デートの支払いをどうするべきか、

スマートな対応をお伝えいたします。

 

まず、初デートでは、基本的なルールとして

「割り勘」だと思っておきましょう。

仮交際中の初デートは「デート」という名目ながら、

実際は仕事の打ち合わせのような要素があります。

ですので、「自分のことは自分で」

というスタンスを持つようにしましょう。

 

婚活後の初デートは、誰かを口説く目的のデートとは異なり、

支払いで相手の気を引く必要のない場です。

相手があなたの分を払う姿勢を見せないとしても、

それは何もおかしいことではありません。

 

男性の中には、本当におごる気がある人と、

社交辞令で「おごるよ」と言うだけの人がいます。

それを見分けるためには、「おごりますよ」と言われても、

一度は拒否をして、割り勘を提案しましょう。

 

それで引き下がるなら社交辞令と判断して、

スマートに自分の分を支払います。

しかし、一度断っても、

おごる姿勢を崩さなければお言葉に甘えましょう。

 

男性の中には、女性に支払わせるのがかっこ悪いと思う人もいれば、

純粋に「楽しい時間をありがとう」と感謝の気持ちで

支払ってくれる人もいるのです。

 

どちらにしても、意地を張って割り勘を強調するのは

相手のメンツをつぶすことになるので、

印象はよくありません。

 

素直に自分のお財布をしまい、

代わりに感謝の言葉をしっかり

相手に伝わるように言いましょう。

 

とはいえ、おごってもらってばかりでは、心苦しいですよね。

 

仮交際期間ですので、お言葉に甘えてばかりでは、

対等な関係を築けなくなってしまいます。

 

もしも、相手におごってもらったら、

次のお店ではあなたがおごるようにしたり、

次のデートはあなたが作ったお弁当を食べるコースを提案すると

とても好印象ですよ。

 

おごられることを拒否し続けるのもよくありませんが、

おごられっぱなしを気に留めないのも

「男性に依存している女」と思われてしまうことになります。

仮交際中の支払いについては、

上手にバランスを取り続けながら、

なるべく負担が均等になるよう心がけることが、

関係を長続きさせるポイントになります。

2018年12月20日

(前の記事)