「婚活に疲れてきた…」ときの見直しプラン

婚活には時間やお金がかかることが多く、

いつの間にか疲れもたまってきます。

 

「きついけど、やめるわけにはいかないし…」

 

と無理に頑張っていてもいい結果につながりません!

疲れが出てきたら思い切って婚活戦略を変える必要もあります。

 

婚活がすぐ終わるか、なかなか終わらず長期化するかは人それぞれ。

しかし現在は、婚活が長引いている人が増えている傾向があるようです。

 

一生に一度の覚悟をもって行う婚活だから、

慎重にもなりますし、納得できない部分があるお相手は選びたくない…。

そうなるとついつい異性を見る目も厳しくなりますし、

なかなか満足できる人が現れなかったり、

現れてもうまくいかなかったなんてケースも…。

 

婚活は順調に進んでもやはり数か月はかかります。

しかし、時間がかかるということは結果が出ていないということ。

 

婚活疲れをしたまま続けていっても、ご成婚は遠のくばかり。

婚活がしんどいと感じるようになったら

疲れを解消する工夫が必要になります。

今回は婚活疲れを解消する3つのプロセスについてお話します。

 

 

1.ちょっとした「冷却期間」を置く

 

「婚活を休むなんてとんでもない!」

と思われる方もいるかもしれませんが、

惰性で婚活を続けていてもいい結果につながりません。

 

それよりも、1~2か月くらい婚活をやめて、

頭と体をリフレッシュさせた方が、良い結果につながった

ということも多くあります。

 

2.なぜ婚活がうまくいかないのか、落ち着いて振り返る

婚活を休む期間を作ると、その間に

これまでの婚活について振り返ることができます。

 

結果が出ていないのなら、何かしら問題点があるということ。

落ち着いてゆっくりと、自分の行いを客観的に見つめ直しましょう。

 

3.「負担にならないように」「もっと成果が出そうな形で」婚活をどう再開するか考える

婚活に疲れた理由が浮かび上がってきたら、

それを取り除けばいいわけですよね。

 

うまくいかない理由はなかなか突き止めにくいかもしれませんが、

改善を試みることはできるはずです!

 

婚活は、根気よく続けないと確かに結果につながりにくいものです。

しかし、うまくいかない活動を続けていても、

時間もお金も労力も無駄に消費するだけ。

 

「モチベーションが上がらない」

「婚活するのも嫌になってきた」

 

と言うときは、思い切って休む期間を作ってしまいましょう。

ゆっくりと気分転換するなかで、婚活成功の道筋が見えてくるかもしれませんよ!

2019年2月8日

(前の記事)